シャロムの部屋

もうだいじょうぶ!「自分や子どもを責めてきた」ママたちへ。自己受容と聖書から子育てのヒントを得るコラム

管か 器か

管 山が多い日本には水の名所がたくさんありますね。 北海道にも羊蹄山の伏流水が湧出する区画を公園として整備し、湧水の採取スペースが設置されている「ふきだし公園」というところがあります。流しそうめんの竹のように、丸太を彫って流し台にして途中で…

この子と生きる

うちに遊びに来た子 「目の前に 保護がなければ倒れてしまう子どもがいる。私はその子と生きる。」 前回、このように書きました。もともとそう思っていたから書いたのではなく、ブログを書きながら心と考えが整理されていくうちに気づいたことでした。 子育…

母親の資格?

母親ってなぁに? 世の中にはたくさんの資格がありますが、「母親の資格」というものがあると思いますか?もちろん、試験を受けて合格というものではありませんが、あるとすれば何をもって資格があると定義できるでしょうか? ちまたでは、「あんな人は母親…

さよなら 支配親

親を怖がる私 自分の親と話すとき、リラックスしますか?緊張しますか? 私は父親に対してずーっと緊張していました。恐怖心がありました。実家を離れて17年になりますが、つい最近まで、父親のことを考えると「怖いな…」という恐怖心がいつもわきました。 …

てがみ

素直だね こどもの素直さは大きな感動を与えてくれます。運動会やおゆうぎ会で練習した成果をひたむきに披露する姿は、わが子に限らずいつも目頭が熱くなります。 娘が5才を過ぎたころから少しずつ字を書けるようになって、おてがみブームがおこりました。 …

免許証不携帯

毎日、同じような繰り返しに思えても、いろんなことが起こりますね。 わが家はGW明けからいろんなことが起こっています。そのタイミングがあれもこれも予想外に! 免許なし、入院、登校、胃腸炎 ①私GW明けすぐ、私は運転免許証の切り替えの申請に行きました…

楽しむ!!

復学中の息子 自分を楽しませていますか?自分が楽しむことを優先していますか? 息子がこれといったきっかけもなく、小2の後半から年度末まで約半年間、学校を休みました。年度が改まり、3年生になってからは、下の娘の園バスを見送ったあと、2時間目か…

信仰と脳科学

プラス思考のキーワード 「感謝、希望、救い」と聞いて、どういう分野の本に書かれていることを想像しますか? 実はこのキーワード、プラス思考に必要な要素として、脳科学の本に載っています。 信仰のない人がなぜ強靭なメンタルを保持できるのか?なぜプラ…

悲しんだら喜べる

悲しみを味わう 以前、「負の感情」というものはない、という記事を書きました。 「負の感情」と聞いて連想するのは、悲しみや怒り、ねたみなどでしょうか。 さて、この「負の感情」という捉え方は、明るく元気で前向きなほうがいいということを暗に示してい…

過去をなぞる子育て

すぐには変わらない ある日の新聞に、虐待されて育った女性が、自分の子にはそうしたくないのに虐待してしまうという記事がありました。その呪縛から解き放たれたい、わが子に繰り返したくない、それなのにやってしまう・・・かなしくも、彼女は今日も過去を…

だまれ!私!

思考を続ける人間 今日は何を考えて過ごしていますか?何かを考えていますか? 約半年間、不登校だった息子が新学年に上がり、午前中だけ母子登下校するようになりました。私は廊下で待っています。時間が長いので本と座布団を持参します。 ひたすら読書にふ…

親は脇役

長すぎた子役時代 「あなたの人生の主人公はあなたです!」 こういう表現はとても響きがいいように聞こえます。自分が主体。自分が選ぶ。自分で選んだからこそ、その結果も受け入れる。中学生の頃、「私は私でいいんだ!」「親や社会の価値観にふりまわされ…

信じた自分を信じる

信じる 「信じる」生活をしていますか? 「信じる」って、具体的に目に見える行為ではありません。信じていることが行動にあらわれることはありますが、出発点は心の中における決心です。 先日、片づけに関する記事や本を探していました。子どもがなかなか片…

共感して信頼を得る

共感のつもりがオウム返し 「信頼残高」という言葉を初めて知ったのは半年くらい前のことです。 正直、子どもたちの言動からすると、私に対する信頼残高はゼロに近い数字だと思います。それに気づいてからは、なぜ信頼されないのかを自分なりに分析していま…

喜ばせなくていい、喜んでいればいい

励ましよりも共感 何か悲しいことがあったとき、つらいことがあったとき、いちばん心がなぐさめられるのはどんなときですか? 私の場合、誰かに気持ちを分かってもらえるときが何よりものなぐさめになります。励ましの言葉そのものよりも、共感してもらえた…

短調☆きらきら星いいね

マイナーで弾く娘 だれもが知ってる『きらきら星』。ピアノでも5本の指(ドレミファソ)+1音(ラ)で弾けるので、ピアノが苦手でもまずは楽しんで弾ける1曲だと思います。 この頃、娘がたまにピアノをさわるようになりました。息子が教えたり、幼稚園で…

ゆるめることがゆるすこと

共通項は愛される存在 新聞を手にしたら必ず読むところ、ありますか?私は1~3面下部にある書籍や雑誌の広告欄にまず目が行きます。ここを見れば、何が話題になっているのかが一目でわかります。 さて、先日は大々的に自己肯定感に関する本の広告が載って…

100通りの I love you !

いかに言い換えるか 「月がきれいですね」「死んでもいいわ」これはあるひとつの英語表現の訳です。前者は夏目漱石が、後者は二葉亭四迷が訳しました。なんのことばだと思いますか?答えは " I love you." です。 ただ「愛してる」より、なんとも情緒豊かな…

おカネの心配ここにあり

おカネはまわってるの? 経済的な不安がありますか?ズバリ、お金についての不安。これはある人にとっては、いつもなんとなくまとわりついている不安だと思います。これもやはり、セルフイメージが低い人ほど強い気がします。 お金がないのに心配しない人も…

MRI画像で感動

夫、入院 夫が椎間板ヘルニアで昨日、急きょ入院しました。この1か月半くらい、腰からふくらはぎにかけて痛みがあって、ついに前日の夜、耐えきれないほどの激痛がはしりました。神経が圧迫されたんですね。 なんとか2階に上がって寝ることはできましたが、…

勉強しなさいの裏側

消去法人生 「勉強しなさい」と言われたことや言ったこと、ありますか? 私は言ってしまいがちですが、自分の親から口うるさく言われた覚えはほとんどありません。夜7時半から宿題や勉強をする時間が決められていて、その時間に30分から1時間、姉兄と一緒に…

岩の上 と 砂の上、どちらに家を建てますか?

理想が分かれる夫婦ですが 息子が学校へ行かなくなり、半年。少しずつ元気になってきました。それでも、国語や算数など、学校教育で定められている学年相当の勉強をすすんですることはありません。そういう子どもに対しては、大きく分けてふたつの意見があり…

正論は剣となって人を刺す

規範型タイプは要注意 正義をふりかざす人ってちょっと偽善的な感じがして、周りは冷ややかな目でその人を見ることが多いですよね。でも普段の生活で、正義をふりかざしている人に出くわすことはそんなにありません。 では、「正義」を「正論」に言い換えた…

歯列矯正の話ではありません

時代が変わった歯列矯正 タイトルとはうらはらに、歯列矯正をしたことがありますか?私はやっておけばよかったなぁと思うことがよくあります。私が中学生の頃は、歯の表側にワイヤーをつけるもので、そんなの何年もつけたくないと思っていました。当時の友だ…

明日でなく、今日ほどこす愛

幼稚園やすみたい 今日、娘が約10日ぶりに幼稚園に行きました。上の息子が不登校になって6か月が経ちました。数日前の朝、ふたりで遊んでいて、登園時間になったら、大粒の涙をポロポロ流して「わたしも幼稚園やすみた~い」と泣きました。「なんでおにいち…

みんなと仲よくしなくてもOK

没頭する息子&切り替える娘 「ごはんできたよ~」と言われたら、あなたのお子さんはすぐに食卓につくタイプ?何度呼んでもなかなか来ないタイプ? わが家の子どもたちは、下の娘が前者で、上の息子が後者です。このふたり、おもしろいほど対照的です。 5才…

【大海原の一滴】自己受容を越えた境地 

自己なる一本の木 「木を見て森を見ず」とは、小さなことにとらわれて全体像を見失った状態のことで、あまりいい意味では使われません。とはいえ、やはり森はその字のごとく1本1本の木から形成されていますよね。自己受容は、この1本の木をいつくしむこと…

【存在意義を求める】受容された感がないから

存在意義を問う人・問わない人 人生とは?生きるとは?死とは?自分とは?存在目的は?存在意義は? 私はある時期からそういうことを考えるようになりました。特に高校生の頃は、アトピーが顔面・全身に広がり、ひどい状態だったので、何のために生まれてき…

私は最初から完成品

「欠点だらけ」という自己評価 「私は欠けだらけで不完全」だからその欠けを補い、修復し、より良いものになりたい!ならなければ! 私は長い間、自分に対してこのように思ってきました。まるで、きれいに焼きあがっているはずの陶器が、窯から出してみたら…

【価値観のプログラミング】子どもと遊べない本当の理由

自分を支えた価値観崩壊の危機 子どもと遊ぶことが苦痛だと思うことはありますか?子どもがまだ小さいころ、「ママ、あそぼ~」と言われると、私は胸が苦しくなって吐き気がしていました。自分でも理由がわかりませんでした。 ですが、ある日、カウンセリン…