シャロムの部屋

もうだいじょうぶ!「自分や子どもを責めてきた」ママたちへ。自己受容と聖書から子育てのヒントを得るコラム

聖書のことば

間違いではないけど 正解でもない

正解ってあるのかな ドラマや映画を見ていると、心に残るセリフがあります。それはきっとその時の自分に必要なメッセージなのかもしれません。 先日もテレビドラマで、「それは間違いではない。だけど正解でもない」というセリフがありました。 本当にそうだ…

Doing評価のクセ

神さまに対してもDoing評価 『ママに与える愛』を書いて以来、DoingとBeingについて考えています。 Doing は、おこない、スキル、テクニック、態度など。成果や目的の達成度がはかりやすいものでもあります。 それとは逆に、Beingは存在そのもののこと。何を…

赤と緑のクリスマス

キリスト不在のクリスマス クリスマスの時期が近づいてきましたね。 クリスチャンになったのは20代半ばですが、小さいころからずっとクリスマスが大好きでした。 サンタクロースが持ってきてくれるプレゼントはもちろんのこと、街中がウキウキしていたり、イ…

怒る+責め=ダメな子ねぇ

セルフイメージを崩す親の無言メッセージ 改めて書きますが、私は何かあると落ち込むより、腹が立ったり相手を責めたりします。「怒り」は私が生きていく上で最も親しい感情、かつ、最も嫌いな感情でした。 だから、私のブログでは、怒りを取り上げることが…

【シャローム】わたしの目には あなたは高価で尊い

魂にしみる 聖書には、神様からの愛のメッセージがたくさん書かれています。 でも、旧約聖書なんかはユダヤ民族の歴史がつづられているので、それが今の自分にどう関係するの?と思われるかもしれませんね。 ところが、ある日、ある時、ある瞬間、聖書のこと…

【認めました】私こわれてるねん

頭をバチン 2週間くらいまえのこと、夫とケンカをしました。子どものことで。いや、子どもに対する私の態度が原因でした。 夏休みの終盤、防災週間が近づいていたので、非常用持ち出しリュックの整理や足りないものなど、半日くらいかけていろいろチェック…

思い出せ おまえが何者か

あの父の娘 「私は〇〇である」と知っていることによって奮起することがありますか? 私は25才でクリスチャンになる前まで、自分が「あの父の娘である」ということに誇りを持つことがありました。いつもではありませんが、自分の都合のいい時にはそう思えた…

管か 器か

管 山が多い日本には水の名所がたくさんありますね。 北海道にも羊蹄山の伏流水が湧出する区画を公園として整備し、湧水の採取スペースが設置されている「ふきだし公園」というところがあります。流しそうめんの竹のように、丸太を彫って流し台にして途中で…

母親の資格?

母親ってなぁに? 世の中にはたくさんの資格がありますが、「母親の資格」というものがあると思いますか?もちろん、試験を受けて合格というものではありませんが、あるとすれば何をもって資格があると定義できるでしょうか? ちまたでは、「あんな人は母親…

楽しむ!!

復学中の息子 自分を楽しませていますか?自分が楽しむことを優先していますか? 息子がこれといったきっかけもなく、小2の後半から年度末まで約半年間、学校を休みました。年度が改まり、3年生になってからは、下の娘の園バスを見送ったあと、2時間目か…

信仰と脳科学

プラス思考のキーワード 「感謝、希望、救い」と聞いて、どういう分野の本に書かれていることを想像しますか? 実はこのキーワード、プラス思考に必要な要素として、脳科学の本に載っています。 信仰のない人がなぜ強靭なメンタルを保持できるのか?なぜプラ…

だまれ!私!

思考を続ける人間 今日は何を考えて過ごしていますか?何かを考えていますか? 約半年間、不登校だった息子が新学年に上がり、午前中だけ母子登下校するようになりました。私は廊下で待っています。時間が長いので本と座布団を持参します。 ひたすら読書にふ…

喜ばせなくていい、喜んでいればいい

励ましよりも共感 何か悲しいことがあったとき、つらいことがあったとき、いちばん心がなぐさめられるのはどんなときですか? 私の場合、誰かに気持ちを分かってもらえるときが何よりものなぐさめになります。励ましの言葉そのものよりも、共感してもらえた…

MRI画像で感動

夫、入院 夫が椎間板ヘルニアで昨日、急きょ入院しました。この1か月半くらい、腰からふくらはぎにかけて痛みがあって、ついに前日の夜、耐えきれないほどの激痛がはしりました。神経が圧迫されたんですね。 なんとか2階に上がって寝ることはできましたが、…

岩の上 と 砂の上、どちらに家を建てますか?

理想が分かれる夫婦ですが 息子が学校へ行かなくなり、半年。少しずつ元気になってきました。それでも、国語や算数など、学校教育で定められている学年相当の勉強をすすんですることはありません。そういう子どもに対しては、大きく分けてふたつの意見があり…

正論は剣となって人を刺す

規範型タイプは要注意 正義をふりかざす人ってちょっと偽善的な感じがして、周りは冷ややかな目でその人を見ることが多いですよね。でも普段の生活で、正義をふりかざしている人に出くわすことはそんなにありません。 では、「正義」を「正論」に言い換えた…

【大海原の一滴】自己受容を越えた境地 

自己なる一本の木 「木を見て森を見ず」とは、小さなことにとらわれて全体像を見失った状態のことで、あまりいい意味では使われません。とはいえ、やはり森はその字のごとく1本1本の木から形成されていますよね。自己受容は、この1本の木をいつくしむこと…

私は最初から完成品

「欠点だらけ」という自己評価 「私は欠けだらけで不完全」だからその欠けを補い、修復し、より良いものになりたい!ならなければ! 私は長い間、自分に対してこのように思ってきました。まるで、きれいに焼きあがっているはずの陶器が、窯から出してみたら…

感情を味わってから相手をゆるす

ゆるしなさいと聖書に書いているけれど 誰かに何かをされたり言われたりして、ずっとモヤモヤした気持ちを抱えていることってありませんか? もういい大人なんだし、とか、相手をゆるしたらいい、と頭ではわかっているのにゆるせない。あるいは、ゆるしたつ…

【ストレスへの耐性】がまんは関係ない

がまんによる成功体験 「がまん」という言葉は、あなたにとって肯定的ですか?否定的ですか?私はどちらかというと、肯定的なイメージが大きかったように思います。それはきっとがまんすることによる成功体験があったからかもしれません。 私の場合、小さい…

【自己受容】私が自分を愛する根拠

私を愛してくれる存在って? 以前、「子どもを愛するより先に自分を愛する」という内容を書きました。自分を愛するといっても、なかなかすぐには愛せない人もいるかもしれませんね。「こんな自分を愛せない」「そもそも愛するってなに?」「愛ってなに?」と…

自分をさばくから他人をさばく

愛を忘れた人 「律法的・律法主義」という言葉をきいたことがありますか?クリスチャンがよく使う言葉で、ざっくりいえば、律法(戒律・ルール)を重んじるあまり、律法に従っていない人々をさばいているような状態です。神さまを愛していると言いながら。 …